2024年7月2日

難病 コミュニケーション 支援研修会【令和6年9月28日、29日開催】のお知らせ

難病コミュニケーション支援研修会について

病気や障がいのために、声を使った会話などのコミュニケーションが出来なくなった神経筋難病患者や重度障がい者へのICTを活用したコミュニケーション支援について学べる研修会を開催します。

  主催 NPO法人ICT救助隊

  共催 熊本保健科学大学 / 熊本県難病相談・支援センター

〇開催日時 2024年 9 月 28 日(土)29日(日)

〇開催場所 熊本保健科学大学1号館 講義室1502

      住所:熊本市北区和泉町325

〇参加対象 患者・家族・支援者(難病の方の療養に関わる医療・保健・福祉・介護等の専門職の方)

〇参加方法 会場もしくはWeb参加(お申し込みの際に選択ください)

〇参加費 資料代

     会場参加:各日1,000円 (当日受付にてお支払い下さい)

     Web参加:両日で1,000円 (9/20までにチラシに記載の口座へ振込ください)

                お振込いただいた方にメールにてURL等を9/25に送付します

〇申込方法 会場参加:電話096-321-7055(平日9時~16時)

      Web参加:二次元コード↓よりお申込みください。

               

〇プログラム

 ☆9月28日(土) ALS等神経難病のコミュニケーション支援

10:00~11:00 コミュニケーション支援の概要と文字盤

       講師:山本直史氏(吉野内科神経内科医院言語聴覚士)

11:00~12:00 スイッチでできること

12:00~13:00 昼休憩(ランチョンセミナー ※昼食は各自ご用意ください)

13:00~13:50 スイッチについて

14:00~14:30 制度の利用と意思伝達装置の特徴  講師:ダブル技研

14:30~16:00 意思伝達装置操作体験+相談会

       意思伝達装置(伝の心、TCスキャン、miyasukuEyeConSW、

             OriHime eye+switch、eyes、ファインチャット)

 ☆9月29日(日)iPadやタブレットの活用

10:00~11:00 iPadのスイッチ操作

11:00~12:00 機器導入支援の情報整理の視点-事例を通して-

                  講師:佐々木千穂氏(熊本保健科学大学)

12:00~13:00 昼休憩(ランチョンセミナー ※昼食は各自ご用意ください)

13:00~14:30 iPadで広がるワンスイッチ・アクティビティ

                        ~ぼいすぶっくとDropTapを活用して~

                  講師:鈴木章裕氏(あっきーの教材工房)

14:30~16:00 いろいろなアプリの紹介と相談会

 

〇開催内容等につきましてはチラシをごらんください。

   

 

この情報をシェアする